二〇二〇年一月七日

渡辺君の学校での実践「アートフェス」について話そう/そもそも学校行事って?/レオナルド・ダ・ヴィンチが言うには自由七学芸/学校行事とは、体育的行事と文化的行事である/指導要領に「展覧会」って出てこない!?/こどもが主役のお祭りを学校でつくたい/指導要領における特別活動3つの原理/カリキュラムマネージメントとProject-based Learning/彫刻型と農耕型の学び/慶応の伊庭崇先生がいうティーチャー・ファシリテーター・ジェネレーター/ヨーゼフ・ボイスの「社会彫刻」があったから/フレーベルとデューイ/渡辺くんの東京100ワークショップ巡礼/ハンズオン展示とワークショップ/主従の逆転と「無礼講」って、つまりお祭り?/地理学者イーフ・トゥアンの「場所」理論/PUBLICとCOMMONの違い/負の表現だってあるよね/プラグマティズム/全体性を引き受ける活動をしたい/学校において感情を扱う活動って少ない印象があるなあ/与えられた意味と意味を見出す意味/勉強って言いたくない渡辺くん/ラジオは言いたいことがなくなってからが本番

二〇一九年十二月二十六日

街のラジオ局をやりたい/手間を喜ぶ/図工の授業中にうたっちゃいけない?/10年前の熊井と渡辺/漢字を感じてつくる/ジョン=デューイってすごいよね/「learning by doing(なすことで学ぶ)」/学びって狙ってつくれるのか?/契約の学びと発酵の学び/ジェーン=ジェイコブスの「輸入置換」と学びの自給自足/大好き、佐伯胖先生/ストリートワイズ/野中モモさん/「無尽」という習慣/ワークショップとしての50人前のパエリア/スプンフルまいさんの「おかえりなさい」が素敵すぎる/プログラミング教育/生徒が楽しそうにしてると不安になる先生/買った服を寝かしてた友達/全然わかんないけどこの人の話はちゃんと聞いとこう/子どもを信頼すること/必要なのは人間観/ボキャブラリーの共有が必要/子どもたちを勇気づけたい/ガードナーのマルチプルインテリジェンス